猫の飼育

【2023年7月最新版】調布の保護猫団体ラフスペース里親募集情報24匹をご紹介!実際に会いに行ってみよう!

2023年6月30日

わがやのネコたちは保護猫団体ラフスペース出身!

初めてこの記事を読んだ方に。

わがやにいる4匹の猫のうち2匹は、東京都調布市の「ラフスペース」からやってきました。

いまでこそのんびりだら〜りと暮らしておりますが、ラフスペースにレスキューされるまで、過酷な猫生を送ってきました。

わが家の猫4匹のうち2匹はラフスペース出身
わが家の猫4匹のうち2匹はラフスペース出身

いわゆる血統書付きの猫たちが、お店で「SALE」などと書かれて、体が大きく、月齢が大きくなるほど、安く売られていくのを見たことがありませんか?

猫が売れ残ったらどうなるのか、あるいは猫が店頭にくるまで、どのような道を経てきたのか、考えたことはあるでしょうか。

世の中には「繁殖猫」と呼ばれる猫たちがいます。血統書付きの猫を産むために無理な繁殖を強いられている猫たちです。

ラフスペースではささいな病気、繁殖が終わった、などいろいろな理由で放棄された猫たちが、家族を探しています。

わたしが訪問した令和5年6月下旬のある一日、その日その時その場所にいた猫たちの一瞬を切り取り、そのまま掲載してみます。

猫との出会いは、一期一会。

ぜひ遊びに行ってみてくださいね。

ラフスペースの利用方法

猫をお迎えしたい方もそうでない方も。

現在は完全予約制で、1時間一人あたり1000円ほどの寄付をお願いしています。保護活動の大切な資金源となります。

京王線調布駅 中央口から徒歩5分。天神通り商店街にあります。

所在地:東京都調布市布田1丁目35-3 ダイモンビル3F 
TEL:042-455-6945
営業時間:12:00〜20:00(定休日なし)
※臨時休業や営業時間に変更がある場合は、公式SNSにてお知らせいたします

ラフスペースの猫たち紹介!

ラフスペースに現在いる猫たちの紹介は、インスタのハイライトから見ることができます。

この記事を読んでもらった時点でもう、里親家庭にお迎えされたかもしれないし、ラフスペースにいるかもしれない。

どなたかのおうちの子の出会いになりますように、動物を取り巻く人間たちの問題に、気がつけるように、願いを込めて。

掲載は五十音順にしました!この記事は6月24日時点の猫を紹介しています。

アイナ

メインクーン
2016年5月8日生まれ
2023年5月30日レスキュー

スポンサーリンク

アネモネ

スコティッシュフォールド
2014.10.15日生
2023.03.23レスキュー

あんみつ

巨大な尿管結石を取り除く手術を2回繰り返しました。長い闘病から回復したあんみつちゃんはうれしそうにイキイキとしています。

アメリカンショートヘア
4.5歳くらい
2022.1.18レスキュー

あんみつちゃんの歴史は、病気との戦い。

スポンサーリンク

ウル

目がうるうるしているウルくんです。たくさん遊んでくれましたよー(^^)

ウル♂
アメリカンショートヘアー
2.3歳くらい
2023.5.30レスキュー

おこめ

バックヤードにいるとチェックしていたら、やはりバックヤードにいました(ΦωΦ)


おこめ♀
#スコティッシュフォールド
2018.11.2生まれ

2018年11月2日生
2022年5月13日レスキュー

おこめちゃん
おこめちゃん

スポンサーリンク

ことり

最初お腹に子供が居るのかな?とおもったら、お腹のお肉でした^^。

アメリカンショートヘア
6,7歳くらい
2023年2月7日レスキュー

ちょっとだけお腹のカンロクはあるけれど、名前の通り軽やかなコトリのごとく、たくさん遊んでくれました。

サンバ

サバンナキャット。とてもめずらしい猫で、野生のサーバルキャットとイエネコをかけあわせています。

サーバルキャットの血が濃い世代では、飼育するのに許可が必要な特定動物とされます。

高齢の一人暮らしの女性が孤独死、ケージで飼われていたサンバくんはレスキューされましたが、もう1匹の猫は亡くなっていました。

ジェニー

こんにゃ顔して実は甘えん坊のジェニーちゃん。性格とっても良い子です。

ちょっとなでなでしにいったら、コロッとお腹を見せてひっくり返って甘えてきたジェニーお嬢さん。

アメリカンカール
2015年3月14日生まれ
2022年11月17日レスキュー

すずらん

訪問したときはケージから出てきて「レアですよ」とボラさんにいわれて喜んだらみえる。

シャイな子が心を開いてくれるのはとてもいとおしいですよね。

スズラン♀
ミヌエット
2016.1.28生まれ
2023.3.23レスキュー

たくま

お一人暮らしの高齢者がお亡くなりにって、お家に取り残されていました。

たまと呼ばれてきた子は、「たくま」という名前になって、新しい猫生を歩みはじめました。

のんびり穏やかにすごしていましたよ。

🐱たくま♂
#MIX猫
半長毛
3.4歳くらい

2022年12月29日レスキュー

つぐみ

穏やかな時間がながれるつぐみちゃん。先日悪性乳腺腫瘍を全摘しました。手術後もすぐ元気で、食べて動いていたそうです。


アメリカンショートヘアー
9歳くらい
2023年4月4日レスキュー

7月2日(日)につぐみちゃんの応援バザーします!

つぐみバザー
つぐみバザー

つむぎ

🐱つむぎ♀
#スコティッシュフォールド
2016.8.13生まれ
2023年1月9日レスキュー

ティナ

歌舞伎役者みたいなお顔♥脳障害があって発作を起こしたことはあるけれど、最近は良い状態を保っています。

好奇心旺盛な女の子。

🐱ティナ♀
#サイベリアン
2018.2.13生まれ
2022年5月13日レスキュー

ナル

愛情強め、肩にのる猫、ナルくんです。

私が訪問したときはケージの中で休んでいましたが、「愛情深く、しつこいめ」のナルくんです。

顔が大きい子、かわいいですよね。

🐱ナル♂
アメリカンショートヘア
2018.11.17生まれ
2023.5.30レスキュー

パフ

🐱パフ♀
#ペルシャ
2015.9.19生まれ

ピンキー

ちょっと獅子丸タイプなラガマフィン。訪問したときはたくさん遊んでくれました♥

🐱ピンキー♀
#ラガマフィン
2017.4.30生まれ

ふたば

小柄な女の子。繁殖猫としてがんばってきました。

🐱ふたば♀
#スコティッシュフォールド
2014.10.15生まれ
203年3月23日レスキュー

ペルソナ

なかなか美女なお顔。わたしが訪問したときはおネム😴でした。 乳がんの摘出手術を乗り越えました。

🐱ペルソナ♀
#チンチラ
7歳くらい
2022年9月15日レスキュー

マヒナ

小柄でかわいらしい空気の女の子。

マヒナ♀
2015年4月8日生
2023年5月30日レスキュー

みこ

大きな瞳で正面からじーっとらみえるの顔を見つめながら、ずっとくっついて歩いたかわいい子。後ろ髪引かれながら帰宅しました。

アメリカンショートヘア 
7歳くらい
2023年4月4日レスキュー

仮面ごしに美女ぶりが伝わります。

ミラ/セナ

ミラちゃんセナくんは美しい猫。神経障害があります。スタッフが懸命にリハビリ頑張っています。

ミラ♀
ノルウェージャンフォレストキャット
2020年11月30日生
2021年3月30日レスキュー

セナ♂
ノルウェージャンフォレストキャット
2021年3月30日レスキュー

呼子

高齢男性の一人暮らしの方が施設に入ることになり、手放すことになった呼子ちゃん。

ラフスペースに来てからずっと鳴いていました。トライアル決まりました。幸せな猫生になりますように。

ラヴィ

お友だちの猫にちょっと似ていて、困り顔がキュートなラヴィくん。

🐱ラヴィ♂
#ペルシャ
2018.1.4生まれ
2023年1月12日レスキュー

ラキ

左目に癒着があり、手術をしました(^^)

ラキ♂

ペルシャ

2歳

リバーくん

アメリカンショートヘア
5,6歳位
2022年11月15日レスキュー

\ ラフスペースについてはこちらの記事も読んでね /

猫の飼育

2023/7/3

【2023年7月最新版】調布の保護猫団体ラフスペース里親募集情報24匹をご紹介!実際に会いに行ってみよう!

わがやのネコたちは保護猫団体ラフスペース出身! 初めてこの記事を読んだ方に。 わがやにいる4匹の猫のうち2匹は、東京都調布市の「ラフスペース」からやってきました。 いまでこそのんびりだら〜りと暮らしておりますが、ラフスペースにレスキューされるまで、過酷な猫生を送ってきました。 わが家の猫4匹のうち2匹はラフスペース出身 いわゆる血統書付きの猫たちが、お店で「SALE」などと書かれて、体が大きく、月齢が大きくなるほど、安く売られていくのを見たことがありませんか? 猫が売れ残ったらどうなるのか、あるいは猫が店 ...

ラフスペース夏休みネコのお世話ボランティア

ねこ暮らしを楽しむ

2023/8/5

夏休みに調布の保護猫団体ラフスペースでお世話ボランティアをおすすめする7つの理由

ラフスペース夏休みネコのお世話ボランティア 夏休みは保護猫団体ラフスペースがおすすめな7つの理由ボランティアをしてみよう! おすすめの理由は… 1回1名限定!…しっかりと教えてもらえます 1時間程度…ボランティアってやったことがない!という人でも気軽に参加可能! 猫とふれあえる!…ボランティアしながら猫と遊んだりふれあえて楽しい 人やネコの役に立つ!…よろこばれる経験、役に立つ経験は自分の財産に 生き物のお世話を通して生命の尊さ、愛しさを知る 社会問題を学べる…ネコを取り巻く環境を知ることで、自分自身がで ...

NHK Eテレ『わんにゃん絆日記』で調布のラフスペース紹介されたので感想を書いてみた!

猫の飼育

2023/6/29

NHK Eテレ「わんにゃん絆日記」で調布のラフスペースが紹介されたので感想を書いてみた!

NHK Eテレ『わんにゃん絆日記』で調布のラフスペース紹介されたので感想を書いてみた! 令和4(2022)年3月31日9:45-10:15まで、NHKのEテレ「わんにゃん絆日記」で調布のラフスペースが紹介されました。(ブログ画像はNHK放映から) 我が家にいる四匹のうち、獅子丸と葵はラフスペースからお迎えしています。 ラフスペースはいわばうちの子たちの故郷、実家。 などなど、調布のラフスペースに猫たちがやってくる理由、猫たちのお世話など、らみえるら里親たちも知らない猫たちの様子を、とてもわかりやすく放映し ...

調布の保護猫団体ラフスペースってどんなところ?実際に行ってみよう。保護猫を譲渡してもらうには?まずはこの記事を読んでみて

猫の飼育

2023/6/30

調布のラフスペースから保護猫を迎えるにはどうしたらいいの?実際に2匹お迎えしてみました

あわせて読みたい NHK Eテレわんにゃん絆日記にて2022年3月30日(水)に調布のラフスペースさんが紹介されました。詳しくはこちら↓ https://nekoneko-kingdom.com/rough-space-tv/11821/ 調布の保護猫団体ラフスペースってどんなところ?実際に行ってみよう。保護猫を譲渡してもらうには?まずはこの記事を読んでみて などなど、保護猫に興味はあっても最初の一歩が踏み出せずにいたり、調布のラフスペースがどんなところか分からずに、訪れるのを迷っていませんか? らみえる ...

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

らみえる(管理者)

ねこねこ王国運営者。慶應義塾大学卒、一般企業で広報、編集校正の仕事を経て、現在は動物ライター&デザイナーとして活動。会員制猫専用ホテル&ペットシッターキャッツカールトンを運営(動物取扱業)。動物取扱責任者、愛玩動物飼養管理士。現在は猫4匹と暮らす。幼少時から犬、リス、うさぎ、鳥、金魚などさまざまな動物と過ごし、生き物を愛してやまない毎日です。 https://nekoneko-kingdom.com/ https://www.instagram.com/nekoneko.kingdom/

-猫の飼育
-, ,